自分にとってblogは人生の覚書。Art、映画、音楽に関するTopicsを新旧おりまぜ日々更新中。毎日ココロに浮かんでは消える想いなどつぶやきます。たまに旅をします。(c) jigenlove All rights reserved.


by jigenlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

サンクリストバル島

何年ぶりの更新になるのでしょうか、ご無沙汰しております。昨日からガラパゴス諸島のサンクリストバル島へ来ました。地元民にさえ一週間もいるの⁉︎ と驚かれますがいいんです。人生は死ぬまでの暇つぶし。アザラシでも描いてきます。
[PR]
by jigenlove | 2016-12-12 00:39 |
急に海外旅行へ行くかもしれないことに。
そこでいつも迷うのが保険。なにしろσ(・_・;)の次兄が海外のビーチで波にのまれてヘリコプターで救助されたことがあります。まず無事でよかった。そして海外でヘリとか、保険に入ってなかったらいかほどの費用であったであろうか、兄よ。そんな家族の心配をよそに、買ったばかりのG-SHOCKが無くなったとか嘆いている懲りない本人、たくましい。
そういうこともあり、一昨年母との上海旅行の際も何かあったら大変だからと空港で急遽2,000円のAIUに入った経験がある。兄と違い数日のパッケージツアーで行動も大人しい私たちには何事もなく。

どうやら旅行保険はクレジットカードのサービスで賄えるらしい、と後から知ったので、この際お勉強。クレジットカードの海外旅行傷害保険について調べた。サラ金や多重債務者を助長しているようなイメージが強く、今までクレカを眼の敵ぐらいの勢いで嫌悪していたが、使えるものは使おうじゃないの。
まとめサイトのまとめがあると便利、ということで自分で調べた範囲を覚書。

---

《知らなかったけどわかったこと》
・旅費を払えば補償される利用付帯と、カードを持っているだけで補償される自動付帯がある。
・「死亡・後遺障害」以外の場合は複数のカードを持ってると実際かかった費用を上限にどんどん加算されていく
・年会費無料なのに補償内容が充実している&自動付帯カードがある!

上記をふまえ、クレカを複数所有することを嫌悪してきたけど、普段は使わずしまっておけばいっか・・という結論に達した。あなたが持っているクレジットカード会社は何ですか?補償内容と条件を確認して加入、または旅費の支払をすると得◎。

★以下がよくまとまっているのでご一読あれ。
海外旅行傷害保険について -大人なのでクレジットカードの付帯保険を勉強してみました-
http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20090228/1235828561


★海外旅行傷害保険付きクレジットカード 付帯保険(海外・国内旅行傷害保険)比較
http://w269.o.fiw-web.net/creditcard.htm#1
http://creditcard.hikaku-navi.jp/dir/hoken_oversea/hoken.html
http://creditcard.e-ocean.biz/insurance/cardhikaku.html

ということで、わたくしも上記サイトを参考に申し込んだ。
何事も勉強だな。なお最終的にはご自身でご確認・ご判断くださいませ。
[PR]
by jigenlove | 2012-05-12 17:15 |

これから京都

そもそも東北関東大震災が起こった翌日の12日から、母と車で出雲あたりへあてのない旅をする予定だった。

こんなに長い休みはしばらく取れそうにない。
今日から夜行バスで京都へいってきます。

乗り物に酔いやすいのに、我ながらよく行くよな、まったく。
[PR]
by jigenlove | 2011-03-20 21:00 |
"生産されたものはすべて消費すべし、そして消費という特権を得るためには労働しなければならないという社会からの要求、そんなくだらないものに応える気は彼にはさらさらない。
・・・・・・・いずれにしろ、その手のものは一週間もすればすべてゴミ箱行きなのだ。そんなものは生産、労働、消費というシステムにおける個性のない代物でしかない"
ジャック・ケルアック/著
『禅ヒッピー』


"いったん旅が計画され、準備が整えられ、その実現が身近に迫ると、新たな要因がそこに入り込んで事態を支配し始める。放浪の旅、冒険の旅、探求の旅、いわばそれらはひとつの存在であり・・・・どれをとっても他と同じものはない。
いくら細かく計画を練り、事前の対策を整え、それに固執しようとしたところで、いっさいは無駄なのである。何年ものあがきの後で結局我々は、自分が旅をするのでなく、旅が自分をどこかに導いてくれることを発見するのだ。"
ジョン・スタインベック/著
『チャーリーとの旅』

[PR]
by jigenlove | 2008-11-28 01:00 |
"らは希望がなくては生きていけないが、逃避できる可能性がなくても生きていけない。それがなければ、都市の生活は人間すべてを犯罪とドラッグと精神病院へと追いやってしまうだろう
エドワード・アビー
『砂の楽園』 越智道雄/訳 東京書籍


"2000年度には修道院に短期滞在するような形で、25万ものパッケージ旅行が企画され、ほぼ完売状態だったというのだ。ギリシャやチベットをはじめとするいわゆる聖地と呼ばれる場所は、いまやツーリストたちの熱い視線を浴びていて、旅行業界の専門家も、このような「癒しの旅」がブームになっている背景には、「仕事で成功を収めることを目的に、多忙な毎日を送ってきた人がよりシンプルに人生を求めはじめている」という事実があると分析している。

当然これはあえて誰も指摘しないところだけれど、よりシンプルな人生を見出すためにパッケージ旅行という商品を買うことは、一枚の鏡を使って鏡を見ていないときの自分がどのように見えるかを見ようとしているようなものだ。実際にそこで売られているのは、よりシンプルな人生というロマンチックな「概念」であり、たかが一週間か十日ほどそのような旅行をしたところでどっぷり浸った日常から離れることなどできはしない。"
ロルフ・ポッツ/著
『旅に出ろ!ヴァガホンティング・ガイド』
ロバート・ハリス/訳 ソニー・マガジンズ

[PR]
by jigenlove | 2008-11-28 00:32 |

人生はゲームだ、

「人生はゲームだ、と気持ちを切り替えることによって------つまりこの場合は放浪の旅をその内部に組み込んだゲームということになるわけだけれども------時間こそが唯一の所有物となり、その時間の中では誰もが平等に豊かな存在であることを知るようになる。
もちろん生活していくためのお金は必要だが、充実した人生を送るのに必要なのは時間なのだ。
だから、必要最低限の暮らしを確保するのにある程度のお金は節約して貯めておくにしても、時間だけは気前よく贅沢に使い、火がともってこそのろうそくであるように人生の価値をみずから創造していくことが大切である。オーケー?」

word by.エド・バーリン
[PR]
by jigenlove | 2008-11-27 01:58 |

観た映画ログ

観た映画ログ

『Before Sunrise』
主演:イーサン・ホーク、ジュリーデルピー

電車で居合わせた男女が意気投合し、ウィーンの街を明け方まで一晩中歩きながらお互いのことを話すストーリー。

前編会話で構成されたシンプルな作り。
誰もがいくつかのこんな想い出を持っていて、思い出す人がいたりいなかったりしそう。
彼も昔、北海道で出会った昔の彼女のことを思い出すのかな、、とやや複雑に。
[PR]
by jigenlove | 2007-11-22 00:25 | 映画

東海館で出湯

*静岡伊東旅行 3日目@東海館
東京に近い静岡のお湯、伊東は昔から作家も好んだそうだ。
文豪馴染みの東海館は今は建物全体が保存され、部屋が見て回れる。
今も温泉が利用できるのがうれしい。とろりとしたお湯でした。
居合わせた奥さん(母くらい)とおしゃべり。
「今日来たんですよ」「ようやく夏休みです」・・・など。
目の前に流れる川の錦鯉を眺めながら喫茶室で抹茶と和菓子。

e0079749_2358020.jpg

e0079749_235882.jpg

e0079749_23581783.jpg

[PR]
by jigenlove | 2007-09-27 23:58 |
*静岡伊東旅行 2日目 大室山にて
霧で一寸先が見えない世界に遭遇。いや驚いた。


e0079749_2342218.jpg
e0079749_23421167.jpg
e0079749_23421956.jpg
e0079749_23422754.jpg
[PR]
by jigenlove | 2007-09-27 00:08 |
①Man is naturally curious.

人間は、生来、好奇心が強い。つまり新しいものの魅力には勝てない。見知らぬものを常に求めている。

②Travel makes the mind.
旅行が心をつくる。旅行に限っただけでなく、例えばちいさな子どもが一歳、二歳、歩き始めて、自分で家の周りを歩くようになる。その子たちはまず、空間を拡大することによって、いろんなことを覚えていく。生活空間のどこになにがあるか。それがだんだん外に広がっていくことによって外へ広がっていくにつれて自分の生活圏が広がり、また自分の遊びも広がり、その過程で知恵をつけ、心がだんだんでき上がっていく。

③Evolution intended us to be travelers.
進化が我々を旅行者にした。二本足で立ち上がることによって、それまでよりははるか遠くを見渡せるようになるし、手が自由に使えるようになって、荷物を持ち運ぶことができるようになった。結果としてより広い地域に適応することができるようになった。

④The bumps are vital. They keep the adrenaline pumping around.旅行にはどうしても冒険の要素がなければならない。現在でもアメリカなどでXゲームなど、きわめて危険なスポーツを若者が好んでしている。旅行の刺激にもそれがあり、これがまたヒトの進化に関わっている。

⑤"It's as though the tides was pulling you along the hight road.I am like the Arctic tern. That's a beautiful white bird,you know,what files from the North Pole to the South Plole and back again."「なぜ放浪するのか」ときかれたある放浪者が答えた。「自分の体の中にある潮の満ち引きのせいだ」。渡り鳥が季節によって北極から南極まで移住するように、体の中の何かに反応して自分はあちこち動いているんだ。

⑥To dance is go on pilgrimage.「踊るとは巡礼に行くことだ」、つまりその場で踊るということ、その場で体を動かすことも、やはり旅だという言い方があります。わざと、ごく狭い空間で行っている長い距離の歩行です。それは確かに、その場での巡礼と呼べます。

⑦Footballers are little aware that they too are pilgrims.The ball theyboot symbolises a migrant bird.サッカーのフィールド、いくつかの要所要所が決まっていてそこをプレイヤーたちが駆け巡るのも巡礼の一形態であり、彼らの間を行き交うボールは、一種の渡り鳥に見えます。

[PR]
by jigenlove | 2007-06-16 00:39 |