自分にとってblogは人生の覚書。Art、映画、音楽に関するTopicsを新旧おりまぜ日々更新中。毎日ココロに浮かんでは消える想いなどつぶやきます。たまに旅をします。(c) jigenlove All rights reserved.


by jigenlove

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

メモ帳

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
オーマイターリー! Fu...
Artwork Arch...
先走りスローライフ
gyuのバルセロナ便り ...
さつえいだ!チャーリー!
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
なごみネコとなごむ暮らし
Everything i...
一日一膳
イノレコモンズのふた。
お茶の時間にしましょうか...
ばーさんがじーさんに作る食卓
Bonjour! 二眼レフ
果テ…
蒼空、むげん大 a b...
ヨーロッパ映画を観よう!
ウィーンとパリと好きなも...

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

タグ:詩 ( 26 ) タグの人気記事

Nobody knows

『誰も知らない』~Nobody knows~
監督:是枝裕和
主演:柳楽優弥、YOU、北浦愛、木村飛影、清水萌々子、その他

ようやくビデオで観ました。
端的にストーリーを説明すると、シングルマザーに捨てられた小さな兄弟たちが都会の片隅、アパートの一室でサバイバルする話です。この話自体は事実、台詞などは脚色。

始終たんたんとしたストーリー進行、覗いている視点のカメラワークで、観るものは傍観者として最後まで兄弟を助けることができない。現実でもそうだったように。

×××××××××
こんなにみんなにみもられながら
おまへはまたここでくるしまなければならないのか
ああ巨きな信のちからからことされにはなれ
また純粋なちいさな徳性のかずをうしなひ
わたくしが青ぐらい修羅をあるいてゐるとき
おまへはじぶんにさだめれらたみちを
ひとりさびしく往かうとするか
信仰を一つにするたったひとりのかなしくつかれてゐて
毒草や蛍光菌のくらい野原をただよふとき
おまへはひとりどこへ行かうとするのだ
・・・・・・
髪だっていっさうくろいし
まるでこどもの果の頬だ
どうかきれいな頬をして
あたらしく天にうまれてくれ
《それでもからだくさえがべ?》
《うんにゃ いっかう》
ほんたうにそんなことはない
かへってここはなつのはらの
ちいさな白い花の匂ひでいっぱいだから
ただわたくしはそれをいま言へないのだ
(わたくしは修羅をあるいてゐるのだから)
わたくしのかなしさうな眼をしてゐるのは
わたくしのふたつのこころをみつめてゐるためだ
ああそんなに
かなしく眼をそらしてはいけない
×××××××××
『無声慟哭』
宮沢賢治 著
妹のとし子が亡くなったときに書かれた詩

[PR]
by jigenlove | 2007-06-24 20:14 | 映画

Sou um evadido.

私は逃亡者。
生まれるとすぐ
私は自分の中に閉じこめられた、
ああ、でも私は逃げ出した

おなじ場所にいることに
人が飽きるのであれば
おなじ存在でいることにだって
飽きるのではありませんか?

我が魂は私を探している
だが私はあちこちを逃げ回る、
魂が私を
どうか見つけませんように。

自分であることは牢獄、
私であるとは 存在せぬこと。
逃げ回りつつ 私は生きてゆこう
それが本当に生きることです。



Fernando Pessoa (1888-1935)
管 啓次郎 『オムニフォン<世界の響き>の詩学』より
岩波書店 2005年

[PR]
by jigenlove | 2007-06-16 00:18 |

踏青や愛されているかも知れず

[とうせいや あいされているかもしれず]:タイトルの句
季語=踏青(春) 萌えた青草を踏み散策すること。春の行楽。

あまりにそっと、包むように愛すから気付かなかった。
気付いた時には、もうおそい。
空気みたいに、あなたがいる。


鳥渡る山のぽかんと美しく
[とりわたる やまのぽかんとうつくしく]
季語=鳥渡る(秋) 遠く海を渡り山を越えて、はるばるやって来る。

大きな空を渡っていく鳥を、ふるさとの山は、ただ、ぽかんと眺めている。
いつも変わらず、何も言わずそこにいる。
そんな山の美しさに、いま初めて気付く。



句も写真も装丁もすてきな句集を見つけました。
ソフトカバーで通勤にもナイス◎

『キリトリセン』
大高 翔 ~俳句集~
発行:2007/04/27
著者:大高 翔
発行所:株式会社求龍堂

[PR]
by jigenlove | 2007-05-18 01:41 |

Solitude standing

いつもひとりで過ごしていると
さびしくはありません。

そして、たまにひとりきりになる時間があると
心ははずみます。

けれど、いつも一緒にいた人が急にいなくなって
もう、帰らないと思ったときは
心に穴が開いたように
さびしさだけに包まれて

本当にひとりきりだと思うのです。

けれど孤独を知った人は
決して孤立することはありません。

かけがえのないものを失ったことがある人は
大切なものが何かを、よく知っているからです。

『孤独』
俣野温子
「さびしくてたまらないときのために」より

[PR]
by jigenlove | 2007-05-06 01:15 |

二十億光年の孤独

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする

火星人は小さな球の上で
何をしているのか僕は知らない
(或いはネリリし キルルし ハラハラしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ

万有引力とは
ひきあう孤独の力である

宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う

宇宙はどんどん膨んでゆく
それ故みんなは不安である

二十億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした

『二十億光年の孤独』
谷川俊太郎 1952年

[PR]
by jigenlove | 2007-05-05 17:41 |

とうめいにんげん

e0079749_093889.jpg
透明人間 <<とうめいにんげん

そのむかし ひとりのおとこがいた
なやみの種は 目に見えないこと
だけどむかしから 見えなかったわけじゃない
じわじわと 消えていったんだ
けれども まほうや のろいの せいじゃない
事態はもっと 深刻!

ずっとまえはそれでも
すこしは姿が見えたのさ!
それじゃ どうして消えたのかって?
ひとりもいなかったのさ
しんそこ愛してくれる
心ゆるせる友が

だれからも好かれない人は
町の中でもひとりぼっち
だれでもない人なのさ!
はじめに消えたのは なまえ
やがてりんかくが消え
透明になるしかない

こうしておとこは 姿のないままおでかけだ
みんな おどろき あきれて わらいさざめく
身なりはいいけれど
宙にうく ぼうし
かんじんかなめの 顔がない

うんざりした そのおとこ
ある日 芸術家たずねて
仮面をほってもらった
「いっちょう たのむよ
みんなに好かれる 美男子を
似合いの仮面が ほしいんだ」

仮面ができると
昼も 夜も かぶったさ
みんな 仮面にうっとり
けれども しょせんは仮面
おとこはけっきょく 透明人間
だれひとり おとこを気にもとめなかった

おとこは死ぬまで仮面をかぶりつづけた
ここでひとつ 子どもにもわかる
だいじなことを 書いておこう
愛してくれる人には 感謝しよう
愛をあたえる人になろう
姿が消えないために!


『影の縫製機』
ミヒャエル・エンデ /著
ビネッテ・シュレーダー /絵
酒寄 進一 /訳

[PR]
by jigenlove | 2007-02-27 23:41 |

アンナ・マデリーナ

e0079749_14283368.jpg最後のシーンより]
この世は運の力が強い
モク・マンイー(運命の人)を見つける者がいれば
死ぬまで見つからない者もいる
それが運命だ
---節録「侠侶XO」陳家富

『アンナ・マデリーナ』
監督:ハイ・チョンマン
脚本:アイヴィ・ホー
音楽:チュー・ツァンヘイ
出演:金城武、ケリー・チャン、アーロン・クォック、レスリー・チャン、アニタ・ユン、ジャッキー・チュン
1998年 / 香港・日本

《あらすじ》
自称小説家のモッヤン(アーロン・クォック)のアパートで暮らす、平凡なピアノの調律師のガーフ(金城武)。そんなある日、彼は上の階に引っ越してきたマンイー(ケリー・チャン)のピアノの音がうるさいと、苦情を言いに行くことに。彼女に恋をしたガーフだったが、マンイーからモッヤンにひと目ぼれしたと聞き…。

>>パソコンテレビGYAO
[PR]
by jigenlove | 2007-01-08 14:24 | 映画

わけもなく かなしみのひと

e0079749_0225157.jpg
ふとしたとき さみしさがおそう
家族がいても
恋人が隣で寝息をたてていても
なぜか ふいにかなしみが

躯をよこたえ 瞼を閉じ
めざめ また朝が来たことがわかる
どうして どうして


わたしは 今日も生きた
そのことに意味は無いのに
[PR]
by jigenlove | 2006-07-11 00:11 | お唄

Qu'est-ce que c'est? 消すクセ?

谷に落ちたように何にも希望を見出せないとき
欲するのはあたたかい飲みもの、食べものに
いくばくかの金と酒
ひとのぬくもりだとすれば
そのとき欲するひとは
はたして愛しているひとか

そのとき欲するのは
やさしくてあまい(あるいは自分にとって都合のいい)ひと?
それとも必要最低限の食物のようにほんとうに必要とするひと?

生き続ること
孤独との闘いをつづけること
独りで闘い続けることに疲れ
そんなずるさも身につけてやり過ごす
頼ってもいい?

あなたは気力が無いときに凭れる木のようなひと.
それは悪いこと?
善とか悪の区別がつくもの?

これは本能?
これは愛と呼べるもの?

あなたにはわたしが必要?
抜け殻になったわたしでも?
それは愛と呼べるもの?



e0079749_1373331.jpg

[PR]
by jigenlove | 2006-05-29 00:48 | 本能

anonym 6*

匂いのようなもの
今あってすでにないもの
無いのにもう満ち満ちているもの
時のようなもの

煉瓦の壁があり
その上でどうしてもつかまらぬもの
どうしても呼べぬもの
光のようなもの

光の中の虹
虹のうなっている羽根
ものの物の音(ネ)----

のような
そのようなこと
その事


・・・谷川俊太郎・・・
[PR]
by jigenlove | 2006-04-23 16:54 | お唄