自分にとってblogは人生の覚書。Art、映画、音楽に関するTopicsを新旧おりまぜ日々更新中。毎日ココロに浮かんでは消える想いなどつぶやきます。たまに旅をします。(c) jigenlove All rights reserved.


by jigenlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
第7回 ラテン・ビート映画祭

行きたいイキたい!
てか行く。
[PR]
by jigenlove | 2010-09-08 11:03 | 映画

オドレイづくし

『ロングエンゲージメント』 仏映画
監督:ジャン・ピエール・ジュネ
出演:オドレイ・トトゥ 他
戦争映画。
作戦や戦局ではなく出征する男たち、送り出し待つ女たちを通して戦争を描く。
アメリにもあった、ジュネ本人による解説つきの特典映像が映画作りのあれこれを聞くことができてたのしい。
スタッフや俳優陣がほとんどアメリと変わらず嬉しい。

『靴に恋して』 スペイン映画
数人の女性たちの物語選ぶ靴を通して描く。
少しじつリンクした登場人物たちの淡々としたストーリー展開が飽きさせない。
カップルの部屋にかかるロスコを思わせる抽象画やストライプのワンピースなど小道具や衣装も好み。
靴の選び方がその人の好みや人生を象徴しているようで、それから人の靴になんとなく目ゆく。
週末に履きつぶしたスニーカーを新調する。


彼がダヴィンチコードを借りてきてたり、先週の「ロシアン・ドールズ」と「アメリ」に引き続き偶然オドレイばかり4本。
[PR]
by jigenlove | 2008-04-20 22:29 | 映画

映画ログ_20080103

『ALL ABOUT MY MOTHER』 1999
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:セシリア・ロス、マリサ・パレデス、ペネロペ・クルス
フランス・スペイン合作

『トニー滝谷』 2005
監督:市川準
出演:イッセー尾形、宮沢りえ

『ポルノグラフィックな関係』
1999
監督:フレデリック・フォンテーヌ
スイス・フランス・ベルギー・ルクセンブルグ合作

*---*---*---*

すっかり特番に食傷気味です。
そんな中で本日上記2本を立て続けに放映したTOKYO MXテレビいかす!
すでに両方劇場で観てますが、どちらも好き。
[PR]
by jigenlove | 2008-01-04 01:41 | まいにち

漆黒のような深い青

今年も行ってきました第4回 スペイン・ラテンアメリカ映画祭
会場は去年の渋谷から移って新しくできた新宿シネコン、バルト9

アントニオ・バンデラス初監督の『夏の雨』もかなーり観たかったのですが仕事が長引き泣く泣く諦めました。

観たのは最終日最後演目のこれ↓
いやいや、他のも見たくなったけど、少なくとも来られたので良しとしやう。
来年も楽しみにしてます!

以下公式サイトより引用+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

『 漆黒のような深い青 』
監督:ダニエル・サンチェス・アレバロ/出演:キーム・グティエレス、マルタ・エテュラ、ラウル・アレバロ、アントニオ・デ・ラ・トレ/ドラマ/105分/スペイン/35MM/2007年ゴヤ賞新人監督賞、最優秀助演男優賞、最優秀新人男優賞受賞

e0079749_22343087.jpg
フアンは脳梗塞で倒れた父を抱え、避けられない未来を何とか変えようともがく青年。数年来、父のあとを継いで嫌々ながらマンションの管理人として働き、父の介護をし、大学の勉強も続けるが、望むような転職は状況が許さない。しかし絶望感に打ちのめされる中、刑務所にいる兄を通じて知り合った女囚のパウラと不思議な関係を築くことで、自分が本当に望むことや、自分を縛り付けているものが何かに気づいていく。“漆黒のような深い青”とは、先の見えない未来を指し、光や見方によって私達が見間違う色、見た目の印象とは異なる真実を指している・・・。
[PR]
by jigenlove | 2007-09-24 22:17 | 映画
は、これだー!


Rafael Amargo @ the Angel Orensanz Center
Raul Ortega Antonio el negro
como el agua
[PR]
by jigenlove | 2007-09-12 01:08 | 本能

I'm like a bird


あなたってきれい、それは間違いない。
色あせることはないでしょう。
あなたってすてき、だけど言い切れないときもある。
例えばあたしは絶対に変わらない、とか。
類いない愛だけど、心からの愛だけど。

あたしはきっと鳥のように飛んでいってしまう。
自分でもわからない、魂の在り処、あたしの帰る家。
(ねぇ、これだけはわかってほしい)

あたしは鳥のように、きっと飛んでいってしまう。
自分でもわからない、魂の在り処、あたしの帰る家。
これだけは言っておきたい。
あなたの信頼が、あたしの涙を誘うのよ。

これだけの年月を経て、なお言うのがつらい。
あなたはあたしのこと、それほどわかっちゃいないんだって。
類いない愛だけど、心からの愛だけど・・・。

お別れを言いたいわけじゃない。
だけどあなたがあたしに愛を伝えようとするたびに
毎日思ってしまうのよ。
いつかはあなたのことを
あきらめなければならなくなると。

類いない愛だけど、心からの愛だけど
ねぇ、あたしはとにかく怖い。
終わってしまうかもしれないと、そんな風に思っただけで。e0079749_19522259.jpg
[PR]
by jigenlove | 2006-11-27 19:07 | お唄

エラスムス

e0079749_048793.jpg後になってわかった
人生は出来の悪いコメディーだ

僕の人生は波乱続き
複雑で 悲惨で 乱雑で
からまっている

他人の人生はもっとシンプルで 
論理的に見える

『スパニッシュ・アパートメント』 122分 
監督: セドリック・クラピッシュ
製作: ブリュノ・レヴィ
脚本: セドリック・クラピッシュ
撮影: ドミニク・コラン
音楽: ロイク・デュリー
 
出演:
ロマン・デュリス
ジュディット・ゴドレーシュ
オドレイ・トトゥ
セシル・ドゥ・フランス
ケリー・ライリー 他
e0079749_047368.jpg


L'auberge Espagnole
[PR]
by jigenlove | 2006-09-19 23:48 | 映画

7人のバージン

e0079749_17285894.jpg

『7人のバージン』 86分 2005年 スペイン映画 
監督 : アルベルト・ロドリゲス
出演 : フアン・ホセ・バジェスタ、ヘスス・カロッサ 他

◇作品あらすじ /HPより引用  
南部の労働者が住む地区のある夏。矯正施設にいる少年タノは、兄の結婚式に参列するため48時間の外出を許可される。その48時間の間に、彼は親友と再会し、徹底的に楽しもうと、施設では禁じられているすべてをやりつくそうとする。飲酒、盗み、恋愛…、つまり昔の生活へと逆戻り。思春期ならではのエネルギーで思いっきり自由を謳歌する。しかし、施設外での時間が経つにつれ、崩れていく地元の様子を目の当たりにすることにもなる。家族、恋、友情、すべてが変わってしまう。48時間の外出許可が終わる頃には、タノの自由は大人の世界への旅立ちに変わるのだった。

第3回スペイン・ラテンアメリカ映画祭@渋谷アミューズCQN

e0079749_17284889.jpgさて、映画祭再び。

あらっぽく言えばラリー・クラーク監督、『KIDS』のSpain版と言ったら伝わるでしょうか。決して否定的な意味ではなく。むしろこちらの方が自分の好みです。10代のひりひりする生き方は刹那的で痛いくらい。もう一度未成年に戻って少しの間だけ生きた気分になりました。

あとこのタイトルですごく損している気がするんです。
とても危険で衝撃的なのでは、と思う人もいるんじゃないでしょうか。
むしろその反対で、映画の中で主人公の親友が鏡の前で自問自答する、おまじないのような儀式をするシーンがあります。それがこの映画のタイトル。少年から大人になる狭間の通過儀礼の象徴のような、印象的なシーンです。

話も映像もそっけなくてそれが最高にかっこよくてやっぱりすき、スペインの映画。
[PR]
by jigenlove | 2006-09-18 17:29 | 映画

LatinBeatFilmFestⅢ'06

CinemaNews
e0079749_2222552.gif

『第3回 スペイン・ラテンアメリカ映画祭』

期間:2006年9月16日(土)~22日(金)
場所:渋谷区渋谷 1-23-16
会場:アミューズCQシアター2
主催:ラテン・ビート アジア

最新のスパニッシュ・ムービーの祭典☆話題作12本が9月に日本で観られる。
ゲスト、座談会は準備中、楽しみです!!

公式HP
関連イベント、スパニッシュ・ミュージック・ナイト☆
[PR]
by jigenlove | 2006-08-04 21:58 | 映画

この感動をあなたに

e0079749_051519.jpg
ありがとうと云いたくて
こんなに大勢のなかじゃ
あなたがたにわたしのこの気持ちは届かないでしょう
あきらめないで届けたい
うれしくて興奮してひりひりして
この感じてることを伝えたい
そんな思いから
ただひたすら手をたたいたわたし

<先日のラファエル・アマルゴ@オーチャードホール舞台について>
[PR]
by jigenlove | 2005-12-05 00:45 | 本能