自分にとってblogは人生の覚書。Art、映画、音楽に関するTopicsを新旧おりまぜ日々更新中。毎日ココロに浮かんでは消える想いなどつぶやきます。たまに旅をします。(c) jigenlove All rights reserved.


by jigenlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

観た映画ログ

さいきん映画をおさぼり気味だったのをとりもどすように見始めました。
後々知らずに同じものを借りないように羅列しておきます。

『虚栄のかがり火』

『トリコロールに燃えて』

『ハイスクールミュージカル』

『ライ麦畑をさがして』

『マッチ・ポイント』

『ファーザーズ・デイ』
[PR]
by jigenlove | 2007-10-31 01:07 | 映画
食堂の壁画だったために損傷が進んでいるご存知ダ・ヴィンチの代表作。
絵の具の剥落の具合まで見える細かさで今後修復の際にも役立つと言われているとか。

拡大するとかなり表示に時間はかかります。でも一見の価値はあり。

↓「最後の晩餐」 (イタリアのデジタル画像処理会社HAL9000が提供)
http://www.haltadefinizione.com/

この絵を直に見るには・・・学生のころ旅行したおぼろげな記憶を思いかえすと

傷みが激しいので入場には予約が必要(※4~5年前当時です。)
都心からやや離れているので旅行で時間が限られているときはつい他の美術館を優先してしまう

上記理由で学生のころなくなく諦めましたが、やっぱり生で見たい。。
[PR]
by jigenlove | 2007-10-30 00:15 | 展覧会

Steppin to the Bad Side


『Dreamgirls』より"Steppin to the Bad Side"
米 2006年


あこぎな道へ
俺を誘う
笑顔は消えうせ
借金を負う 盗人たちが
今日から あこぎな道へ

今こそ言うよ 終わりだ
友すら信じられず
なりを変え 声を変え
自分の歌を探すのさ

あこぎな道へ
俺を誘う

お前の欲しいものだ
2年はもつだろう
座って見ていろ
目を見開いて 信じてくれ
堅気になれと
その気持ちは よく分かるが
こんな風に 危険な道を行くのさ

あこぎな道へ
行かなきゃならなかった
笑顔がないのに気づくだろ
借金に追われて あこぎな道へ

俺の女を奪って
テネシーで捨てた
最高の女だったのに
奴のせいで哀れになった
俺ほどの男はいないのに
奴はお前の死などかまわない
奴が俺を怒らせた
今日から俺は悪に染まる

あこぎな道へ
行かなきゃならない
笑顔がないのに気づくだろ
借金に追われて あこぎな道へ

今日から あこぎな道へ

[PR]
by jigenlove | 2007-10-24 21:38 | 映画

HOTEL NEW HUMPSHIRE

人生は夢の中で作られてゆく
でも夢ははかなく逃げ去ってしまう
信じられなくとも
それでもなんとか生き続けるしかないのだ

劇中何度か出てくる台詞に以下のものがあります。
"Keep passing open the widows."
「開いた窓は見すごす」こと(対訳)

これはどういうことなんでしょう?考え中です。

「ガープの世界」「サイダー・ハウス・ルール」のジョン・アーヴィング原作らしいストーリー展開。

『ホテル・ニューハンプシャー』
監督:トニー・リチャードソン/原作:ジョン・アーヴィング
出演:ジョディ・フォスター、ロブ・ロウ、ナスターシャ・キンスキー 他
1984年 / アメリカ

[PR]
by jigenlove | 2007-10-23 23:41 | 映画

Are u strong enough to be my man?


Strong Enough Lyrics
Artist:Sheryl Crow

God, I feel like hell tonight
Tears of rage I cannot fight (should be lie)
I'd be the last to help you understand
Are you strong enough to be my man?

Nothing's true and nothing's right
So let me be alone tonight
Cause you can't change the way I am
Are you strong enough to be my man?

Lie to me
I promise I'll believe
Lie to me
But please don't leave

I have a face I cannot show
I make the rules up as I go
Just try and love me if you can
Are you strong enough to be my man?

When I've shown you that I just don't care
When I'm throwing punches in the air
When I'm broken down and I can't stand
Would you be MAN ENOUGH to be my man?

[PR]
by jigenlove | 2007-10-17 00:26 | お唄

ABOUT SCHMIDT

歴史の中で我々はとても小さな存在だ
それでもせめて何かの役に立てたらと願う
だが私は一体 何の役に立ったのか
私が寄与できることはあったか?

<中略>

私は弱い人間だ
私は落伍者だ
否定しようのない事実だ

じきに私は死んでいく

もしかして20年後
それとも明日
同じことだ

私が死に 私を知る人々も死んでしまえば
私など存在しなかったも同じ

私は他人に影響を与えたか?
そんなことは皆無だ
一度も無かった

君が元気であるように祈る



『アバウト・シュミット』
米 2002年 125分
監督:アレクサンダー・ペイン
出演:ジャック・ニコルソン、キャシー・ベイツ他

[PR]
by jigenlove | 2007-10-16 22:55 | 映画


オーラがHappyで元気に歌う姿が好きです。しゃがれ声も。

+Shift押しながら開くと別窓でみられるあるよ。便利ー。
[PR]
by jigenlove | 2007-10-16 01:41 | お唄

As long as you love me

孤独がいつも僕の友達だったけれど、
僕はいま君の手に人生をゆだねてるよ

人は僕がイカレてるとか、一目でわかるような
危険をぜんぜん見てないって言うんだ

で、君がどうやって僕を盲目にしちゃったのかいまだに謎なんだよ
僕は君のことを頭から追い出すことができないんだから

君の歴史に何が書かれていても気にしない
僕とここにいてくれさえしたら

君が誰で、どこからやって来て、何をしたか
気にしないよ、僕を愛してくれるなら

Chorus:
君は誰で、どこから来たの
何をしたの、気になんかしない
僕を愛してくれるんなら

君が言ってきたことやしてきたことのささいなすべて、
僕のなかの深いところで求めているもの

君が逃走中なんだとしても関係ないよ
僕らは一緒にいることが決まってるみたいだ
※chorus繰り返し

僕が隠そうとしてるから、誰にもわかんない
だけど君が僕の目をのぞきこむときに、
バレてるんじゃないかと思うんだよ、僕の気持ち

君がしたこと、君がどこからきてるのかってこと
僕は気にしない、ただ愛してさえくれたら、ベイビー

※chorus繰り返し


Back street boys 1997


・・・ミ、ミーハーですが、こういう甘酸っぱいかんじ。
タッチとか放課後とか部活とかビバリーヒルズ高校白書とか、もうしょうがなく懐かしいかんじ。
仕方なし。
[PR]
by jigenlove | 2007-10-16 00:03 | お唄

ある日、

どうしても笑わない麻子の体をくすぐったことがありました。止めて止めてと言いながら、私から逃れようとする彼女を抑えつけて、なおもくすぐり続けました。とうとう我慢出来なくなった彼女は、けたたましい笑い声を発しながら床に転がりました。<中略>
やがて、笑い声が苦し気なものに変わったので、私は、くすぐるのを止めて、彼女の顎をつかんで、こちらを向かせました。

驚きました。彼女は、笑っているのではなく、しゃくり上げているのでした。<中略>
「人が自分のために一生懸命になってくれるのって、嬉しくて悲しいことなんだねぇ」
麻子はそう言って、私を見上げました。涙が後から後からこぼれ落ちるので、私はその粒を舐めてやらねばなりませんでした。

「アトリエ」
『風味絶佳』 山田詠美/著
文芸春秋 2005年5月15日 第1版発行

[PR]
by jigenlove | 2007-10-15 23:06 |

071009

先週から今週末にかけての精神的バランスといったらそれはもう危うかった。
さっきまでしくしく泣いていたかと思えば次の瞬間にはげらげら笑う。
夕方あんまり落ち着かないものだからたまらなくなって屋上で彼に電話をかけた。
声をきくと落ちつく。

週末は実家へ帰る。
東京に戻ってきて彼と話しているうちにまた苦しくなって嗚咽するまで泣く。

今日は社長がランチミーティングに誘ってくれたのでごちそうになりがてら色々な話をした。
今後の展望を訊かれ、夢も希望もなく、したい仕事は特にないです、嫌なことをしてその対価がお給料だと思っていますので望まれる人柄をいくらでもします、というような意味のことを答えてすぐに後悔した。それを言ってはおしまいです。

まだ気分が上向かないなんてほんとうに自分が疎ましい。
ちょっと山にでも篭り座禅でも組んで写経して食事は一汁一菜のみ、朝、庭を掃き清め雑巾がけでもする生活でもしないと直らないんじゃないか、とぼんやり思いながら明日着る服を選ぶ。

これが108つのなんとかのうちのひとつ、にちがいない。
AFNをかけて一人でジェンガをする。26段。

[PR]
by jigenlove | 2007-10-10 01:36 | まいにち